MoE - we who loved chaos

Rockheim will open the exhibition "MoE – we who loved chaos" on 28 January 2022 - an exhibition about the band MoE, the do-it-yourself culture and encounters between people in a changing world.

"MoE – We who loved chaos" is an exhibition portraying an alternative way of working and communicating through music. This is a network-based "do-it-yourself" method with historical roots in segments of the underground music scene, where a flat power structure, artistic dialogue and collaboration are vital prerequisites for music. The exhibition tells the tale of networks across national boundaries, of travel, food, encounters with people, dedication and the will to do things on one’s own. A lifestyle and a profession that have faced significant challenges since the outbreak of the coronavirus pandemic in 2020. The exhibition is a collaboration between MoE, Rockheim and multi-artist Lasse Marhaug. Marhaug has been one of Norway's foremost sound artists since the 1990s and has been responsible for MoE's visual expression on a number of record releases.

Guro Skumsnes Moe and Håvard Skaset started MoE in 2008. At the time, they were already established musicians with experience in varied forms of musical expression. The group MoE enabled them to combine their experience within a musical expression characterized by heavy-as-lead, physical noise rock. Fifteen years later, MoE has toured the world, produced more than 20 releases and participated in a number of collaborative projects with other artists. From the start, the band chose to perform and disseminate their music on the fringes of the commercial music industry. They produce and market their music under their own record label, book tours themselves, and play in parts of the world where Norwegian artists normally do not perform.

This way of working is about cooperation between people, and mealtime is an important part of the meeting between musicians, organizers and cultures. MoE have collected recipes from their travels around the world, and these are compiled in a recipe-fanzine that will be distributed in conjunction with the exhibition opening.

The world shut down in 2020. The do-it-yourself culture, which has been dependent on networks, tour itineraries and physical meetings, was severely affected. Although some countries have begun to re-open, a new reality now confronts touring musicians and culture workers. What will be the impact on interpersonal exchanges and cooperation in a world that may never be the same as before?

Exhibition opening 28 January, The Rockheim Gallery.

For more information on the exhibition:

Project manager and conservator Rockheim

Mathias Østrem

Mathias.ostrem@mist.no

99294140

Press contact Rockheim:

Ina Morken Moland

ina.morken.moland@mist.no

41064512

「MoE - 混沌を愛した私たち」展の開催

ロックハイム・ノルウェー国立ポピュラー音楽博物館では、2022128日より「MoE -混沌を愛した私たち」展(MoEwe who loved chaos)を開催します。これはノルウェー人バンドMoEの音楽活動と、DIYDo-It-Yourself:なんでも自分でやってみよう)文化、そして変わりゆく世界の人々の出会いの展覧会です。

『MoE - 混沌を愛した私たち』展では、音楽の新たな取り組み方やその発信方法の新しい選択肢をご覧いただけます。例えばそれは人の繋がりや協力の上で成り立つ ”DIY(Do-It-Yourself: なんでも自分でやってみよう)精神” です。この “DIY 文化” は、人々が対等の立場で芸術的な対話とコラボレーションが行われることを前提条件とした ”アンダーグラウンドミュージック” の分野にルーツがあります。またこの展覧会は国境を超えたネットワークや旅行、食、出会い、献身、そして自ら何かに取り組むことへの意欲についても語っています。その生き方や職業の専門性は 2020 年のコロナパンデミックによって人々の繋がりが絶たれ、大きな壁に直面しました。

ギューロ・スクームスネス・モーエ(Guro Skumsnes Moe)とホーヴァル・スカーセット(Håvard Skaset)は2008年に MoE を始動しました。その頃には二人は既に多彩な音楽表現経験を持つミュージシャンとしてのキャリアを積んでいましたが、MoE の活動を通して、環境や全身の力を総動員した ”ヘビー・ノイズロック” の流れを汲む音楽表現を確立していきす。15 年を経て、MoE はワールドツアーや 20 を超えるリリース、他のアーティスト達とのコラボレーションプロジェクトを実現させてきました。また MoE は始動当初から商業的音楽業界には属さない形で活動し、彼らの音楽を広めていきました。彼らは自身のレーベルで音楽を作成、販売し、ツアーの契約や計画も自らこなし、ノルウェーのアーティスト達が通常選ばないようなところで演奏しています。

彼らのこの姿勢は、人との協力や繋がりを意味しています。そういったミュージシャンや主催者、それぞれの文化の出会いにおいて、音楽活動以外に、食事の時間は特に重要な役割を果たしてきました。MoE は世界を巡る中で様々なレシピに触れ、今回の展覧会ではそのレシピ集の販売も行われます。

展覧会は MoE とロックハイム、そしてマルチアーティストのラッセ・マールハウグ(Lasse Marhaug)のコラボレーションによって実現しました。マールハウグは 1990 年代以降のノルウェーを代表するサウンドアーティストで、これまでに MoE の多くのレコードリリースで視覚表現担当を務めています。

2020 年、世界の扉は閉ざされました。人の繋がりや旅の移動、物理的な出会いなどを活動の基盤に持つ DIY 文化は、これにより大きな打撃を受けました。現在一部の国ではその扉の再開が始まっていますが、ツアーを行うミュージシャンや文化従事者たちは今、今後のスタンダートとなるような新しい現実に直面しています。以前の状態には戻らないのかもしれません。この先のこの世界で、人の繋がりや協力はどのようになっていくのでしょうか。

会期:2021年1月28日

会場:ロックハイム・ノルウェー国立ポピュラー音楽博物館 ギャラリー

お問い合わせ:ロックハイム

ロックハイム・プロジェクトマネージャー兼キュレーター:

マティアス・ウストレム(Mathias Østrem)

mathias.ostrem@mist.no
+47 99294140

ロックハイム・広報プレス対応:

イーナ・モルケン・モーランド(Ina Morken Moland)

ina.morken.moland@mist.no
+47 41064512

日本語対応/日本語翻訳:

オクダサキ(Saki Okuda)

sakixokuda@gmail.com